代用品(読み)だいようひん

精選版 日本国語大辞典「代用品」の解説

だいよう‐ひん【代用品】

〘名〙 あるの代わりとして間に合わせに用いる品。物資の不足を補うため代替材料を用いた製品。代替品。
金貨(1909)〈森鴎外〉「麦酒が尽きたから、代用品を持って来るぞ」
※苦笑風呂(1948)〈古川緑波〉文芸時評「戦争中に読んだ『細雪上巻は、戦争中唯一の本もの(代用品でない、それこそ純綿純米純コーヒー)の小説として、忘れられないものだった」
[語誌]一般的な意味の他に、特に、日中戦争時に作り出された、代替材料による様々な日常生活用品のことをいう。昭和一三年(一九三八)頃から、軍需優先の厳しい物資統制のため、民間では鉄、石油羊毛木綿皮革木材などが不足するようになった。それを補うために政府の主導で、例えば、合成繊維スフ、鉄製に代わる陶器製鍋や竹製スプーン、木製ハンドバッグ、豚皮の靴、木炭車や薪自動車など、様々な代用品が生産、販売された。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「代用品」の解説

だいよう‐ひん【代用品】

ある物の代わりに用いる、間に合わせの品。代替品。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android