代用品(読み)ダイヨウヒン

デジタル大辞泉の解説

だいよう‐ひん【代用品】

ある物の代わりに用いる、間に合わせの品。代替品。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

だいようひん【代用品】

ある物の代わりに使う品。間に合わせ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

だいよう‐ひん【代用品】

〘名〙 ある物の代わりとして間に合わせに用いる品。物資の不足を補うため代替材料を用いた製品。代替品。
※金貨(1909)〈森鴎外〉「麦酒が尽きたから、代用品を持って来るぞ」
※苦笑風呂(1948)〈古川緑波文芸時評「戦争中に読んだ『細雪』上巻は、戦争中唯一の本もの(代用品でない、それこそ純綿純米純コーヒー)の小説として、忘れられないものだった」
[語誌]一般的な意味の他に、特に、日中戦争時に作り出された、代替材料による様々な日常生活用品のことをいう。昭和一三年(一九三八)頃から、軍需優先の厳しい物資統制のため、民間では鉄、石油、羊毛、木綿、皮革、木材などが不足するようになった。それを補うために政府の主導で、例えば、合成繊維スフ、鉄製に代わる陶器製鍋や竹製スプーン、木製ハンドバッグ、豚皮の靴、木炭車や薪自動車など、様々な代用品が生産、販売された。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

代用品の関連情報