麦酒(読み)バクシュ

デジタル大辞泉の解説

ばく‐しゅ【麦酒】

麦を原料に醸造した。特に、ビール

ビール【麦酒】

オオムギ麦芽を粉にして水とともに加熱した糖化液に、ホップを加えてアルコール発酵させた醸造酒。ホップによる苦味と、含んでいる炭酸ガスによる泡立ちが特徴。ビヤ。ビア。 夏》「なまなかの雨のあつしや―のむ/万太郎

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ばくしゅ【麦酒】

麦を醸造した酒の総称。
ビール。

ビール【麦酒】

麦芽を原料としてつくる苦みのあるアルコール飲料。麦芽(主に大麦)の糖化液にホップを加えて低温で発酵させ、発生した炭酸ガスを混和したもの。 [季] 夏。 「 -瓶」 「生-」 〔「麦酒」とも書く〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

飲み物がわかる辞典の解説

ばくしゅ【麦酒】


を醸造した酒。普通、ビールをいう。

ビール【麦酒 beer/bier(オランダ)】


大麦麦芽を発酵させ、ホップで風味を付けてつくる発泡性の醸造酒。乾燥した麦芽を砕いて適温に温めた水に浸し、麦芽に含まれる酵素を働かせてでん粉を糖化する。この液体にホップを加えて煮沸し、麦汁(くじゅう)とする。これに酵母を加え、発酵により糖分がアルコールと炭酸ガスに分解された状態のものを熟成させて製する。ホップに由来する香りと苦み、炭酸ガスによる爽快な飲み心地が特徴。麦芽・ホップ・水以外のものを用いることもあるが、酒税法では使用できる物品(麦、米、とうもろこし、こうりゃん、ばれいしょ、でんぷん、糖類又はカラメル)と使用割合(麦芽の重量の50%以下)が規定されている。アルコール度数は3~8度のものが多く、日本の大手メーカーで製造されるものでは5度がもっとも一般的。

出典 講談社飲み物がわかる辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ばく‐しゅ【麦酒】

〘名〙
① 麦を原料として醸造した酒。〔和英語林集成(初版)(1867)〕 〔後漢書‐范冉伝〕
② 特に、ビールをいう。
輿地誌略(1826)一「麦酒の醸場あり」

ビール【麦酒】

〘名〙 (bier)⸨ビア・ビヤ⸩ 大麦の麦芽を水とともに加熱して糖化した液にホップを加え、さらに酵母を加えて発酵させたアルコール飲料。アルコール分の希薄なものが多く、ホップ特有の苦味がある。《季・夏》
※和蘭問答(1724)「麦酒給見申候処、殊外悪敷物にて、何のあぢはひも無御座候。名はヒイルと申候」

むぎ‐ざけ【麦酒】

〘名〙 麦で醸造した酒。また、麦を原料とした酒。〔塵芥(1510‐50頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

麦酒の関連情報