コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文芸時評 ぶんげいじひょう

1件 の用語解説(文芸時評の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんげいじひょう【文芸時評】

新しい文学作品の評価や文壇の時事的な問題を論ずる批評ジャンル。明治中期に各新聞雑誌が掲載した〈月旦(げつたん)〉が前身であるが,読書界にその効用を認識させたのは,1896年《めさまし草》に連載された〈三人冗語(さんにんじようご)〉(森鷗外,幸田露伴斎藤緑雨)以来で,樋口一葉田山花袋の登場を促した。明治中期の内田魯庵石橋忍月による先駆的な仕事をうけつぐ形で,明治末から昭和にかけては,近松秋江正宗白鳥佐藤春夫広津和郎その他が,この分野を拡大してきた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

文芸時評の関連キーワード改作佳作時事成績文学論文壇味読論説エディトリアルライター時事問題

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

文芸時評の関連情報