コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

代田宗真 しろた そうしん

2件 の用語解説(代田宗真の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

代田宗真

茶人。播州竜野生。号は習々斎・習白庵等。宗偏流の市村宗泉・吉田宗意に師事。維新後、江戸に出て茶道の普及に尽力、宗偏流四方庵五世と称した。池坊華道にも長じ、和歌を能くし、国学に通じた。明治23年(1890)歿、64才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

代田宗真 しろた-そうしん

1827-1890 江戸後期-明治時代の茶道家。
文政10年生まれ。宗徧(そうへん)流の吉田宗意らにまなぶ。播磨(はりま)(兵庫県)竜野(たつの)藩主脇坂家の茶頭(さどう)をへて,維新後上京。衰退した茶道の復興につとめ,5代四方庵を称した。池坊(いけのぼう)流の華道もよくした。明治23年10月28日死去。64歳。播磨出身。名は真学。通称は重之助。号は習々斎,陸沈斎など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

代田宗真の関連キーワード間島冬道伊佐幸琢(5代)岩松平吾円我円桂壮裔奥平鶯居昇斎一景関直吉長滝竹里新家春三

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone