代田宗真(読み)しろた そうしん

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「代田宗真」の解説

代田宗真 しろた-そうしん

1827-1890 江戸後期-明治時代の茶道家。
文政10年生まれ。宗徧(そうへん)流の吉田宗意らにまなぶ。播磨(はりま)(兵庫県)竜野(たつの)藩主脇坂家の茶頭(さどう)をへて,維新後上京。衰退した茶道の復興につとめ,5代四方庵を称した。池坊(いけのぼう)流の華道もよくした。明治23年10月28日死去。64歳。播磨出身。名は真学。通称は重之助。号は習々斎,陸沈斎など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android