コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

学校令 ガッコウレイ

5件 の用語解説(学校令の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

がっこう‐れい〔ガクカウ‐〕【学校令】

明治19年(1886)に発布された学校教育に関する法令の総称。帝国大学令師範学校令中学校令小学校令および諸学校通則など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

学校令【がっこうれい】

狭義には,これ以前の諸種の学校を総合規程していた教育令を廃止し,1886年3〜4月,森有礼初代文部大臣によって公布された帝国大学令,師範学校令,小学校令,中学校令および諸学校通則の総称。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

がっこうれい【学校令】

狭義には,1886年(明治19)3月諸種の学校を総合規定していた教育令が廃止され,同年3~4月に公布された帝国大学令,師範学校令,小学校令,中学校令,諸学校通則の5単行勅令をさす。広義には,それ以降1947年3月学校教育法により再び大学から幼稚園までの諸学校が総合規定されるまでの間に公布された,学校種別単行勅令の総称。日本において,近代学校発足当初は学制(1872‐79),教育令(1879‐86)と諸種の学校制度を単一の法令で規定していたが,1885年内閣制度の成立にともない初代文部大臣に就任した森有礼は,政治,経済,社会の今後の変動を予想して,学校制度の追加,修正のたびに大規模な法令改訂を要する単一法令方式に替えて,学校種類ごとに各別の単行法令方式を採用した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

がっこうれい【学校令】

1886年(明治19)発布の帝国大学令・師範学校令・中学校令・小学校令および諸学校通則など、一連の教育に関する法令の総称。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

学校令
がっこうれい

1886年(明治19)3月公布の帝国大学令、同年4月公布の小学校令、中学校令、師範学校令の総称であるが、広義には、明治20年代の小学校令、高等学校令、30年代の諸学校令(実業学校令高等女学校令、私立学校令専門学校令)を含む場合もある。
 帝国大学令は、「国家ノ須要(すよう)ニ応スル学術技芸ヲ教授シ及其(その)蘊奥(うんおう)ヲ攻究スルヲ以(もっ)テ目的トス」とあるように、国家主義教育体制の枠組みと、教育、研究の機能を示唆し、法科大学などの五つの分科大学と、大学院を設置した。1897年(明治30)京都に帝国大学が設立されるまで、唯一の帝国大学は東京にあった(旧東京大学)。小学校令は、尋常小学校、高等小学校の2段階、四・四の8年制とし、尋常小学校4年間は義務化された。また土地の情況に応じて3年制の小学簡易科を置くことができた。中学校令は、実業方面と進学方面の二重構造からなっており、それに対応して、5年制の尋常中学校と2年制の高等中学校を設けた。前者は各府県に各1校、後者は帝国大学への予備階梯(かいてい)および社会上流の指導者養成機関とし、全国を5区に分け5校が設置された。師範学校令は、順良、信愛、威重の気質を教師像の典型と見立て、東京に高等師範学校1校を置き、尋常師範学校は府県ごとに各1校とした。前者は尋常師範学校長および教員、後者は公立小学校長および教員を養成するものとした。このように学校令は、近代国家体制の整備に向けて、中央→府県→市町村の学校体系を、国家富強主義に基づく国体教育として確立しようとするものであった。学校制度としては、以後、種々の改正がなされながらも、昭和の国民学校令に至るまでの根幹をなした。[大槻宏樹]
『文部省編・刊『学制五十年史』(1922) ▽金子昭基著『明治前期教育行政史研究』(1967・風間書房) ▽仲新著『明治の教育』(1967・至文堂・日本歴史新書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の学校令の言及

【学校教育法】より

…特にこの法律は,国民の教育を受ける権利を明記した日本国憲法26条の趣旨を実現するため制定されたものであり,教育基本法とともに戦後教育改革立法の中心をなす。戦前の学校制度は教育立法の勅令主義により個別に学校令で定められていたのにたいし,この法律は教育立法の法律主義のもと,従来の学校令を廃止し,新しい学校制度を一つの法律にまとめた総合立法である。内容においては国民の教育を受ける権利を保障し,教育の機会均等を実現する見地が貫かれている。…

【教育令】より

…〈学制〉(1872)に代わって1879年9月に公布された総合的教育基本法令。80年12月,85年8月と2次にわたって改正され,86年諸学校令の制定により廃止された。そのたび重なる改廃は,明治維新期の社会的激動の下での教育制度政策の不安定さを反映していた。…

※「学校令」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

学校令の関連キーワード綱島静観鉱泉あやぐ純粋理性諸種水中植物竹本流ナンバースクール漁業調整

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

学校令の関連情報