コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

以呂 いろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

以呂 いろ

1751-1805 江戸時代中期-後期の女性。
宝暦元年生まれ。讃岐(さぬき)(香川県)山田郡東十川村の農家の娘。病のためはたらくことができず,乞食となって老父母をやしなう。のち藩主から米や金がおくられ,村では碑をたてて顕彰した。文化2年11月3日死去。55歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

以呂の関連キーワード責め掛ける・責掛ける傾城(歌舞伎舞踊)瀬川如皐(初代)茂山千作(4世)瓢箪鯰・瓢簞鯰暁鐘成(初代)狂言現行曲一覧いろはかるた近松門左衛門竹本義太夫山本 則直猪苗代兼郁多田南嶺瓢簞鯰瓢箪鯰傾城物伴直方暁鐘成浦島供奴

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android