コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仮名反し カナガエシ

デジタル大辞泉の解説

かな‐がえし〔‐がへし〕【仮名反し】

《仮名の反切の意》連なる2字の仮名の、最初の仮名の子音と次の仮名の母音とが結合して新しく別の音が生まれるとすること。「にある」が「なる」に、「あらいそ(荒磯)」が「ありそ」となる類。漢字の反切に倣っていった語。→約音
活版印刷で、解版した仮名活字をもとのケースに戻しておくこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かながえし【仮名反し】

漢字音の反切を仮名を用いて表すもの。
中世以降、漢字音の反切法を利用して、日本語の語源を説明しようとしたもの。第一の音節の子音と第二の音節の母音が結合して、新たな音を生じたとする。例えば、「さ(然)」が「しか」から生じたと考える類。また、連続する二音節が一音節につづまる現象をさす語。反音。約音。約言。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

仮名反しの関連キーワード漢字音約言

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android