コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

解版 カイハン

デジタル大辞泉の解説

かい‐はん【解版】

[名](スル)活版印刷で、印刷の終わった組版を解いて、活字を分類・整理すること。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かいはん【解版】

( 名 ) スル
印刷の済んだ活字組版を解いてばらばらにすること。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の解版の言及

【活版印刷】より

…一方,大量部数のものや重版の見こまれるもの,あるいは輪転機にかけるものは,原版からいったん紙型をとり,これに鉛合金を流しこんで複製の鉛版(輪転機にかけるものは丸鉛版,そうでないものは平鉛版)をつくって印刷に供する。印刷あるいは紙型をとった後は,できるだけ早く版をこわし(解版),小さい本文用活字は全部加熱して溶かしてしまうが,その他の材料は再度使用する。鉛版を使って印刷する場合,一部の誤りを訂正するには,その部分をくり抜いて別の活字あるいは小鉛版などをはめこむ。…

※「解版」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

解版の関連キーワード中村 三郎梶原しげる仮名反し

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android