コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仮寓 カグウ

デジタル大辞泉の解説

か‐ぐう【仮×寓】

[名](スル)仮に住むこと。また、その家。仮住まい。寓居。
「最初の一月ほどは時雄の家に―して居た」〈花袋蒲団

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かぐう【仮寓】

( 名 ) スル
一時的に住むこと。また、その家。かりずまい。 「時雄の家に-して居た/蒲団 花袋

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

仮寓の関連キーワード禍・下・仮・伽・何・佳・価・假・價・加・化・卦・可・呵・嘉・夏・嫁・家・寡・戈・暇・果・架・歌・河・渦・火・瑕・瓜・禍・禾・科・稼・窩・箇・花・苛・荷・菓・華・訛・訶・課・貨・迦・過・霞・靴・顆偶・宮・寓・遇・隅ワーグマン青べか物語喜田川守貞日峰宗舜上泉信綱上田秋成岩間乙二土田耕平寓する永平寺寓所寓舎印僑寓居僑居道元浜町白雄

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

仮寓の関連情報