コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仮想ドライブ かそうどらいぶ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

仮想ドライブ

仮想化ソフトウェアにより、仮想マシンに提供される擬似的なハードディスクなどの記憶媒体、空間。仮想ハードディスクの場合、実際のハードディスク上の巨大なファイルがひとつ、仮想ドライブとして個々の仮想マシンに提供され、仮想マシンのOS上からは、通常のハードディスクのように読み書きできる。仮想マシンは、自分に与えられたファイルへの読み書きだけが許されており、これによりハードディスクの競合によるデータクラッシュや、データの漏洩が防げる。実際に利用される記憶媒体は、コンピューターに搭載されたものだけではなく、サーバー上やネットワーク上のストレージサーバー上にあることもある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

仮想ドライブ
かそうどらいぶ
virtual drive

コンピュータシステムにおいて、仮想的(バーチャル)につくられたドライブ類のこと。たとえばハードディスク(HDD)上にCD-ROMドライブDVDドライブがあるように見せかけるもので、仮想ディスクドライブ、ディスクドライブ仮想化などともいう。専用ソフトなどをインストールすることにより、HDDなどの中にあるフォルダディレクトリアーカイブデータを独立したディスクドライブとして認識させることで、実際のドライブと同じように使うことができる。使用するデータは、あらかじめ外付けドライブなどで読みこみ、イメージファイルとよばれる形式(ISOUDFVHDなど)で保存する。ユーザーからはパソコンにドライブが追加され、その中にメディアが挿入されたかのようにみえ、データを自由に読み書きできるようになる。
 光ディスクドライブを内蔵していないノートパソコンなどでもHDD内に仮想ドライブを設定することにより、イメージファイル化して複数の音楽CDやDVD映像などを簡単に入れ替えながら鑑賞できる、ドライブからの起動が必須のアプリケーションが使える、などのメリットがある。
 CD-ROMドライブやDVDドライブ以外に、フロッピーディスクドライブの再現や、RAM(ラム)上に仮想のHDDを構築するRAMディスクも仮想ドライブの範疇(はんちゅう)に入る。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

仮想ドライブの関連情報