コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仮想粒子 かそうりゅうしvirtual particle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仮想粒子
かそうりゅうし
virtual particle

真空中を単独で運動する粒子の質量 m ,エネルギー E ,運動量 p の間には次の普遍的な関係式が成り立つ。

E2p2c2m2c4

粒子は,この関係を満たす状態にあれば実の粒子であるといわれ,不確定性原理によってこの関係を破る状態にあれば仮想粒子と呼ばれる。仮想粒子も,実の粒子と同じように,電荷,スピン,パリティなどの量子数をになっている。電磁相互作用は荷電粒子間に仮想光子が交換された結果生じる。また核力は核子間に交換された π 中間子など種々の仮想中間子によって引起される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

仮想粒子の関連キーワード真空のエネルギー因果律の破れタキオン準粒子

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android