仮条約(読み)カリジョウヤク

デジタル大辞泉の解説

かり‐じょうやく〔‐デウヤク〕【仮条約】

条約締結前に、その準備として、条約の大綱を内容として結んでおく仮の条約。「安政仮条約

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かりじょうやく【仮条約】

正式の条約を締結するまでの暫定的な条約。また、主権者の批准のすんでいない条約。 「安政の-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かり‐じょうやく ‥デウヤク【仮条約】

〘名〙
① 正式の条約(本条約)が締結されるまでの一時的条約。暫定条約。
※財政経済史料‐七・経済・外国通商・海外貿易・安政五年(1858)七月二〇日「今般英吉利より、使節差越、条約取結之儀申立候に付〈略〉亜墨利加之振合を以、仮条約為御取替相成」
主権者批准を経ていない条約。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android