胎座(読み)タイザ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

胎座
たいざ

被子植物の子房において胚珠(はいしゅ)のつく部位をいう。心皮とのかかわりでみれば、心皮の向軸面の縁辺に沿ってつく縁生胎座と、スイレン属のように向軸面全体につく面生胎座とがある。また、子房とのかかわりでみれば、一室子房の子房壁の内面につく側膜胎座、基部につく基生胎座、基部か柱状に伸び出た部分(花托(かたく)とみなす意見が多い)につく中央特立(独立)胎座のほか、子房が複数の子房室をもち、それの内角に沿ってつく中軸胎座などがある。[田村道夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

たい‐ざ【胎座】

〘名〙 雌しべの子房内で胚珠(はいしゅ)が心皮に着生する場所。その位置によって中軸胎座、側膜胎座、中央胎座などに分けられる。〔植学訳筌(1874)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の胎座の言及

【子房】より

…子房は1室~多室で,2室以上のものでは,隔壁septumで仕切られている。 胚珠のつくところを胎座placentaとよぶが,これは基本的に心皮の二つの縁辺である。ピーマンのように胎座が大きくなり,多数の胚珠をつけることがあり,スイカやナスでは子房室が胎座により満たされる。…

※「胎座」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android