(読み)カヤ

デジタル大辞泉の解説

かや【×榧】

イチイ科の常緑高木。山野に自生し、高さ約20メートルに達する。葉は平たい線状で先がとがる。雌雄異株。4月ごろ花が咲き、翌年秋に楕円形の実がなる。実は食用油・頭髪油などの原料。材は堅く、建材・家具・碁盤・将棋盤や彫刻材にする。 花=春 実=秋》「―の実は人なつかしく径(みち)に降る/素逝」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かや【榧】

イチイ科の常緑針葉樹。山地に自生し、また庭木として栽植。高さ約20メートルに達する。葉は広線形で二列につく。四、五月頃に開花し、翌年の秋、楕円形で紫褐色に熟する種子をつける。材は碁盤などとし、種子は油をとるほか食用にする。 〔「榧の実」は [季] 秋〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

榧 (カエ)

植物。児手柏・檜・椹などの常緑針葉樹の総称

榧 (カヤ)

動物。ハネガヤ科,シロガヤ科などに属する海産動物の総称

榧 (カヤ)

学名:Torreya nucifera
植物。イチイ科の常緑針葉高木,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

榧の関連情報