コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カヤ

デジタル大辞泉の解説

かや【×榧】

イチイ科の常緑高木。山野に自生し、高さ約20メートルに達する。葉は平たい線状で先がとがる。雌雄異株。4月ごろ花が咲き、翌年秋に楕円形の実がなる。実は食用油・頭髪油などの原料。材は堅く、建材・家具・碁盤・将棋盤や彫刻材にする。 花=春 実=秋》「―の実は人なつかしく径(みち)に降る/素逝」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かや【榧】

イチイ科の常緑針葉樹。山地に自生し、また庭木として栽植。高さ約20メートルに達する。葉は広線形で二列につく。四、五月頃に開花し、翌年の秋、楕円形で紫褐色に熟する種子をつける。材は碁盤などとし、種子は油をとるほか食用にする。 〔「榧の実」は [季] 秋〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

榧 (カエ)

植物。児手柏・檜・椹などの常緑針葉樹の総称

榧 (カヤ)

動物。ハネガヤ科,シロガヤ科などに属する海産動物の総称

榧 (カヤ)

学名:Torreya nucifera
植物。イチイ科の常緑針葉高木,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

榧の関連キーワードフォーレル水色標準液日向榧碁盤・将棋盤カヤ(海産動物)東京都台東区蔵前ロストフツェフ金麩羅・金麸羅稲垣 きくの日向榧碁盤草野比佐男古家 榧夫つくばね焼かやあられカヤ(榧)スプルース石川豊信透水係数蒸発散位不透水層根岸武香カヤラン

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

榧の関連情報