コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仰木 魯堂 オウギ ロドウ

20世紀日本人名事典の解説

仰木 魯堂
オウギ ロドウ

明治〜昭和期の数寄屋建築家,茶人



生年
文久3年(1863年)

没年
昭和16(1941)年9月20日

出身地
福岡県

本名
仰木 敬一郎

経歴
明治43年仰木建築事務所を設立、多くの茶室、和風建築を手がけた。茶道数寄屋の専門家で、実業家團琢磨、茶道復興に尽くした益田孝らの茶道、和風文化のグループの茶人でもあった。代表作に団家の護国寺墓所設計、高橋箒庵邸、福井菊三郎邸、馬越恭平邸、松永安左衛門邸、伊豆川奈ホテル田舎屋、護国寺多宝塔及び茶室群などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android