コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仲町貞子 なかまち さだこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

仲町貞子 なかまち-さだこ

1894-1966 大正-昭和時代の小説家。
明治37年3月22日生まれ。はじめ,医師浜田弥三郎と結婚するが,のち詩人北川冬彦,評論家井上良雄と結婚。底辺の人々をあたたかな目でみつめた作品を「詩と散文」「磁場」などに発表。昭和41年6月16日死去。72歳。長崎県出身。長崎高女卒。筆名はほかに宮本のり。本名は柴田オキツ。創作集に「梅の花」,随筆集に「蓼の花」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

仲町貞子の関連キーワード仲町 貞子昭和時代小説家

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android