仲直・中直(読み)なかなおり

精選版 日本国語大辞典「仲直・中直」の解説

なか‐なおり ‥なほり【仲直・中直】

〘名〙
① 仲が悪かったものがよくなること。間柄が元へもどること。和解。和睦。和合。
※平家(13C前)八「牛飼なかなをりせんとや思けん」
※俚言集覧(1797頃)「中日より 長病の死なんとする前に愈る状あるを云、又中なほりとも云」

なか‐なおし ‥なほし【仲直・中直】

〘名〙
① 仲直りをさせること。間柄を直すこと。和解をさせること。
※古活字本荘子抄(1620頃)一「中かなをしは天倪ぞ」
② (中直) 中判の美濃紙。縦九寸五分(約二八・五センチメートル)横一尺三寸八分(約四一・五センチメートル)。上美濃(じょうみの)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android