中日(読み)なかび

精選版 日本国語大辞典「中日」の解説

なか‐び【中日】

〘名〙
① 一定の期間のまんなかにあたる日。ちゅうにち。
※駒のいななき(1916)〈巖谷小波〉三「首相邸の文士招待会かね、ハア、僕も行きました。即ち中日(ナカビ)の十八日」
② 演劇、相撲などの興行期間のまんなかにあたる日。また、歌舞伎で、この日に幹部俳優が楽屋の者などに祝儀を出す習慣があるところから、祝儀をいう。
※牛部屋の臭ひ(1916)〈正宗白鳥〉一「毎夜客止の賑ひで、中日から昼席をも企てられた」

ちゅう‐にち【中日】

[1] 〘名〙
① ある日数の中の、まんなかの日。なかび。「芝居の中日」
② 仏語。彼岸七日間のまん中の日、すなわち春分秋分の日。彼岸の中日。七日間のうち、この日最も盛んに法会を行なう。《季・春》
謡曲弱法師(1429頃)「ことさら今日は中日にて候ふほどに、日想観をも拝まんとて」
[2] 中国と日本。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「中日」の解説

ちゅう‐にち【中日】

ある期間のまんなかにあたる日。なかび。「芝居の中日
春・秋の彼岸7日間の、まんなかの日。春分・秋分の日。彼岸の中日。
中国と日本。また、中国語と日本語。「中日辞典」
[類語](3漢和

なか‐び【中日】

一定期間のまんなかにあたる日。ちゅうにち。「彼岸の中日
芝居・寄席・相撲などで、興行期間のまんなかの日。
中日祝儀」の

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android