コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仲胤 ちゅういん

2件 の用語解説(仲胤の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

仲胤 ちゅういん

?-? 平安時代後期の僧。
藤原季仲(すえなか)の8男。天台宗。保元(ほうげん)元年(1156)権少僧都(ごんのしょうそうず)となるが,翌年辞退する。比叡山(ひえいざん)延暦(えんりゃく)寺の名説法師として知られ,「宇治拾遺(うじしゅうい)物語」「古今著聞集」などにその説話がつたわる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

仲胤

生年:生没年不詳
平安末期の延暦寺の僧。権中納言藤原季仲と賀茂神主成助の娘の子。長治1(1104)年最勝講の問者(講での質問者)に初めてなる。以後,権律師を経て保元1(1156)年に権少僧都に至るが,翌年辞退した。説法の名人として,甥の忠春と並び称せられ,様々な法会に招かれた。その説法を聴く人は感涙にむせんだという。また機知に富んだ人物で,『宇治拾遺物語』『古事談』『古今著聞集』などにその言動が説話として残されている。のちに伝説化が進んで,『平家物語』では別人の説法までも仲胤に仮託され伝えられるようになった。容貌が醜かったらしく,同じく醜かった興福寺の僧済円と互いをからかい合っていた様子が『今鏡』に描かれている。

(渡辺晴美)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

仲胤の関連キーワード三塔四納言藤原顕長藤原家通藤原公通藤原実行藤原季仲藤原隆季藤原宗家松殿師家

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone