コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原季仲 ふじわらの すえなか

3件 の用語解説(藤原季仲の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原季仲 ふじわらの-すえなか

1046-1119 平安時代後期の公卿(くぎょう)。
永承元年生まれ。藤原経季(つねすえ)の次男。嘉保(かほう)元年参議。権(ごんの)中納言,正二位にすすみ,大宰権帥(だざいのごんのそち)をかねて赴任。長治(ちょうじ)2年(1105)日吉社の訴えで周防(すおう)に,ついで常陸(ひたち)に配流された。元永2年6月1日配所で死去。74歳。色黒のため黒帥とあだ名された。日記に「玄記」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原季仲

没年:元永2.6.1(1119.7.10)
生年:永承1(1046)
平安後期の公卿。権中納言藤原経季と備後守藤原邦恒の娘の子。堀河天皇の蔵人頭を経て嘉保1(1094)年参議となり,左大弁から正二位権中納言となる。康和4(1102)年大宰権帥 に任ぜられ任地に赴くが,長治2(1105)年日吉社神人殺害に関する訴えにより解官され,周防国に配流され,翌年常陸国に移されてその地で没する。実務家であり,堀河天皇より昔に恥じない名臣として大江匡房,藤原通俊と共に名を挙げられた。色黒で「黒帥」とあだ名されからかわれたことは『平家物語』などで有名な話。その漢文日記も『玄記』と称された。

(渡辺晴美)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ふじわらのすえなか【藤原季仲】

1046‐1119(永承1‐元永2)
平安後期の公卿。権中納言経季の次男。1074年(承保1)少納言より右少弁に任ぜられ,さらに左少弁,左中弁等を歴任し,94年(嘉保1)蔵人頭から参議に昇り,左大弁を兼ね,ついで権中納言に進んだ。1102年(康和4)大宰権帥を兼ねて赴任したが,05年(長治2)日吉社の訴えによって解官され,ついで周防国へ配流,さらに常陸国に移され,配所にあること15年,74歳をもって没した。藤原宗忠は季仲を評して,才智あり,文才もあったが,心性直ならざるにより,ついに殃(おう)にあって辺土に命を落としたと述べている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

藤原季仲の関連キーワード永承元永玄々集大江安頼嘉子内親王暹覚藤原定実源基平文慶頼助(1)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone