コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仲資王 なかすけおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

仲資王 なかすけおう

1157-1222 平安後期-鎌倉時代の公卿(くぎょう)。
保元(ほうげん)2年生まれ。顕広(あきひろ)王の子。白川伯王家の祖。安元2年父の譲りをうけて神祇伯(じんぎはく)となる。元久2年正三位。建永2年後鳥羽(ごとば)上皇皇女の死をいたんで出家した。貞応(じょうおう)元年死去。66歳。初名は顕順。日記に「仲資王記」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

仲資王

没年:貞応1(1222)
生年保元2(1157)
平安末・鎌倉前期の公卿。正三位兵部卿。顕広王と左少弁藤原能忠の娘との子。安元2(1176)年,父の譲りによって神祇伯となる。建久1(1190)年従三位。承元1(1207)年7月,養育していた後鳥羽上皇の皇女(当時6歳)が死亡したことにより出家。日記『仲資王記』がある。

(秋山喜代子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典内の仲資王の言及

【仲資王記】より

…神祇伯仲資王(1157‐1222)の日記。仲資王は神祇伯顕広王の子。…

※「仲資王」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

仲資王の関連キーワード鎌倉時代白川仲資破田村没年

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android