貞応(読み)ジョウオウ

大辞林 第三版の解説

じょうおう【貞応】

年号(1222.4.13~1224.11.20)。承久の後、元仁の前。後堀河天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

じょうおう【貞応】

日本の元号(年号)。鎌倉時代の1222年から1224年まで、後堀河(ごほりかわ)天皇の代の元号。前元号は承久(じょうきゅう)。次元号は元仁(げんにん)。1222年(承久4)4月13日改元。後堀河天皇の即位にともない行われた(代始改元)。『周易(しゅうえき)』を出典とする命名。1219年(承久1)の源実朝(さねとも)(3代)暗殺以来、貞応年間も鎌倉幕府では将軍の空位が続いた。執権は北条義時(よしとき)(2代)、北条泰時(やすとき)(3代)。1221年(承久3)の承久の乱で、後鳥羽(ごとば)上皇・順徳(じゅんとく)上皇・土御門(つちみかど)上皇の三上皇が流罪となり、仲恭(ちゅうきょう)天皇も廃帝となって後堀河天皇が擁立され、親幕府派の西園寺公経(さいおんじきんつね)らが朝廷の実権を掌握した。また、幕府内の反北条派も京方についた者が多かったため、乱後に北条氏の権力基盤はさらに強固なものになった。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

貞応の関連情報