コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貞応 ジョウオウ

デジタル大辞泉の解説

じょうおう〔ヂヤウオウ〕【貞応】

鎌倉前期、後堀河天皇の時の年号。1222年4月13日~1224年11月20日。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じょうおう【貞応】

年号(1222.4.13~1224.11.20)。承久の後、元仁の前。後堀河天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

じょうおう【貞応】

日本の元号(年号)。鎌倉時代の1222年から1224年まで、後堀河(ごほりかわ)天皇の代の元号。前元号は承久(じょうきゅう)。次元号は元仁(げんにん)。1222年(承久4)4月13日改元。後堀河天皇の即位にともない行われた(代始改元)。『周易(しゅうえき)』を出典とする命名。1219年(承久1)の源実朝(さねとも)(3代)暗殺以来、貞応年間も鎌倉幕府では将軍の空位が続いた。執権は北条義時(よしとき)(2代)、北条泰時(やすとき)(3代)。1221年(承久3)の承久の乱で、後鳥羽(ごとば)上皇・順徳(じゅんとく)上皇・土御門(つちみかど)上皇の三上皇が流罪となり、仲恭(ちゅうきょう)天皇も廃帝となって後堀河天皇が擁立され、親幕府派の西園寺公経(さいおんじきんつね)らが朝廷の実権を掌握した。また、幕府内の反北条派も京方についた者が多かったため、乱後に北条氏の権力基盤はさらに強固なものになった。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

貞応の関連キーワード尊守法親王(1)武田信長(1)藤原顕家(1)岡屋関白記良印(1)滋野井公光金剛三昧院西園寺公経花山院師継祐尊(1)良信(1)波木井実長中院通成大田乗明尾藤景綱大友能直大友頼泰北条泰時北条義時藤原実雅

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

貞応の関連情報