仲酌/中酌(読み)ナカジャク

デジタル大辞泉の解説

なか‐じゃく【仲酌/中酌】

婚姻の仲を取り持つこと。媒酌(ばいしゃく)すること。また、その人。仲人。
「はるばる嫁入して来たと思ひましたれば、―する者が騙者(かたりもの)にて」〈浮・名代紙衣・四〉
争いごとの間に入って仲を取り持つこと。仲裁。
「とかくは私共がお詫び事申します…と―に入れば」〈浮・禁短気・五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なかじゃく【仲酌】

( 名 ) スル
媒酌ばいしやくすること。また、その人。なこうど。 「 -する者が騙かたり者にて/浮世草子・名代紙衣」
仲裁すること。 「誰殿が-にはいられても聞はいたさぬ/浮世草子・歌三味線」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android