コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

任田屋徳右衛門 とうだや とくえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

任田屋徳右衛門 とうだや-とくえもん

1792-1873 江戸時代後期の陶画工。
寛政4年生まれ。画を春日(かすが)神社の神職高井二白に,陶法を青木木米(もくべい)にまなび,金沢で絵付けを業とした。子の徳次(号は彩雲楼旭山)が跡をつぎ,向山焼を経営した。明治6年死去。82歳。加賀(石川県)出身。号は彩雲堂梅閑。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

任田屋徳右衛門の関連キーワードサッカー(フットボール)日本郵便制度史(年表)大不況鉄筋コンクリート構造石井庄助ラ・マルセイエーズ雲仙岳噴火・雲仙嶽噴火コシチューシコ州兵ルイ16世

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android