コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

任田屋徳右衛門 とうだや とくえもん

1件 の用語解説(任田屋徳右衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

任田屋徳右衛門 とうだや-とくえもん

1792-1873 江戸時代後期の陶画工。
寛政4年生まれ。画を春日(かすが)神社の神職高井二白に,陶法を青木木米(もくべい)にまなび,金沢で絵付けを業とした。子の徳次(号は彩雲楼旭山)が跡をつぎ,向山焼を経営した。明治6年死去。82歳。加賀(石川県)出身。号は彩雲堂梅閑。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

任田屋徳右衛門の関連キーワード兼松所助亀井半二幸斎小寺藤兵衛菅小琴菅蒼圃肥後新造三田勇次郎村井勘介鳴鳳