コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

任田屋徳右衛門 とうだや とくえもん

1件 の用語解説(任田屋徳右衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

任田屋徳右衛門 とうだや-とくえもん

1792-1873 江戸時代後期の陶画工。
寛政4年生まれ。画を春日(かすが)神社の神職高井二白に,陶法を青木木米(もくべい)にまなび,金沢で絵付けを業とした。子の徳次(号は彩雲楼旭山)が跡をつぎ,向山焼を経営した。明治6年死去。82歳。加賀(石川県)出身。号は彩雲堂梅閑。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

任田屋徳右衛門の関連キーワード石井庄助雲仙岳ブルボン朝ゴヤ(年譜)千葉県立佐倉高等学校グリムケ姉妹グリムケ(姉妹)地租改正レーピンローン

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone