コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青木木米 あおき もくべい

デジタル大辞泉の解説

あおき‐もくべい〔あをき‐〕【青木木米】

[1767~1833]江戸後期の陶工・南画家。京都の人。後年、聾米(ろうべい)と号す。煎茶(せんちゃ)器にすぐれ、交趾(コーチ)染め付けなどを得意とした。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

青木木米【あおきもくべい】

江戸後期の陶工,南画家。京都の人。高芙蓉,木村蒹葭堂の感化を受け,さらに陶法を奥田頴川に学び,粟田に開窯。青磁,染付,南蛮写し等煎茶器を得意とし,清国人朱笠亭の《陶説》を翻訳。
→関連項目京焼

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

青木木米 あおき-もくべい

1767-1833 江戸時代後期の陶工,画家。
明和4年生まれ。奥田穎川(えいせん)らにまなび,京都粟田で窯をひらき,煎茶(せんちゃ)器,抹茶器をつくる。青蓮院御用焼物師。文化3年加賀金沢藩主にまねかれ,春日山窯をひらく。文人画家としても知られた。天保(てんぽう)4年5月15日死去。67歳。通称は八十八,佐兵衛。別号に九九鱗,青来,古器観,聾米など。屋号は木屋。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

青木木米

没年:天保4.5.15(1833.7.2)
生年:明和4(1767)
江戸後期の陶工,南画家。京都祇園の茶屋「木屋」に青木左兵衛の子として生まれる。青木家の祖先は尾張の藩士と伝え,京都に移って茶屋を経営していた。俗称は八十八,縮めて米と称し,屋号の木を取ってあわせ木米と名乗った。字は佐平,号は九々麟・百六散人・古器観・聾米など。幼少時から文雅の道に興味を抱き,諸々の老大家とすでに交遊をはじめており,文政3(1820)年4月に自伝をまとめている。それによると,本来は陶工ではなく,文人墨客の家で古器を観賞することを趣味としていたといい,大坂の代表的文化人木村蒹葭堂の書庫で清の朱笠亭が著した『陶説』を見て陶工たらんことを心に期したという。20歳代の消息は不明な点が多いが,古銭の模鋳をはじめたのが工芸の実作の最初とされる。30歳代で奥田穎川に入門,享和年間(1801~04)にはすでに陶工として世にその名が聞こえていた。のち,徳川治実や加賀の金沢町会所の依頼で作陶を指導し,文人陶工として一家をなした。文政7年,58歳前後に優れた作が多い。絵もよくし,陶器の絵付と関連した色感の作品がある。絵の代表作に「兎道朝暾図」がある。<参考文献>満岡忠成『木米』

(矢部良明)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あおきもくべい【青木木米】

1767‐1833(明和4‐天保4)
江戸後期の京焼の陶工,文人画家。京都祇園新地の茶屋,木屋(きや)に生まれ,幼名は八十八,後に佐兵衛を襲名。木米の号は木屋と幼名にちなむ。聾米,九々鱗,百六散人,古器観,停雲楼などとも号す。幼時から高芙蓉を訪れ,古器物の鑑賞,儒学や篆刻(てんこく)を学び,後には田能村竹田頼山陽などと交わり,文人としての素養を養った。大坂の豪商木村蒹葭堂(けんかどう)のもとで,中国の陶書《陶説》を読み,それに啓発され1796年(寛政8)ころから製陶を志した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

あおきもくべい【青木木米】

1767~1833) 江戸後期の陶工。京都の人。奥田穎川えいせんに陶法を学び京都粟田に開窯、中国風の煎茶器に優れた技量を示す。また金沢春日山窯を指導。書画にも巧みであった。晩年耳を病み聾米ろうべいと称す。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

青木木米
あおきもくべい

[生]明和4(1767).京都
[没]天保4(1833).5.15. 京都
江戸時代後期の陶工,文人画家。幼名を八十八 (やそはち) ,成人後の通称木屋佐兵衛。号は木米のほか聾米 (ろうべい) ,九々鱗,百六散人,古器観など。年少の頃,高芙蓉に漢学,篆刻を学び,30歳頃木村蒹葭堂について文人としての教養を修めた。また奥田頴川 (えいせん) ,11代文造 (宝山) らの指導を受け,寛政8 (1796) 年頃から作陶を始め,京都粟田に窯を築き,加賀では九谷焼の復興に尽力した。作品は当時流行の中国磁器風のものが多く,染付,青磁,焼締め,南蛮写し,交趾 (こうち) 写しなどによる煎茶器が主である。陶技のほか書画詩文にもすぐれ,『兎道朝暾図 (うじちょうとんず) 』 (東京国立博物館,岡山美術館ほか) などの名作がある。また,自伝的陶磁論『上奥殿侯書』の執筆,および清の朱 琰 (しゅえん) の著作『竜威秘書』中の「陶説」 (木米が作陶を志す端緒になったとされる書) の翻刻も行い,没後の天保6 (1835) 年に公刊された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

青木木米
あおきもくべい
(1767―1833)

江戸後期を代表する京都の文人陶工、南画家。明和4年京都祇園縄手(ぎおんなわて)の茶屋「木屋」に青木佐兵衛の子として生まれる。通称木村佐兵衛、号は木米のほか青来、百六山(散)人、古器観、九々鱗、聾米(ろうべい)など数多い。富裕な家系の子弟である木米が陶工の道を選んだ動機は、大坂の文人木村蒹葭堂(けんかどう)宅で中国清(しん)朝の朱笠亭(しゅりゅうてい)の著『陶説』を閲読したことによる。また書画に巧みな京都の高芙蓉(こうふよう)を訪ねて絵画や書の手ほどきを受けたらしい。木米は古銅器や古銭をも賞翫(しょうがん)するあまり鋳金技術も習得していたといわれている。江戸後期に流行した中国趣味に存分に浸って成長した木米は、書画、工芸諸般の技術を体得したが、結果としては南画と煎茶(せんちゃ)道具を主体とする陶磁器に彼の才能は絞られていった。陶工としての木米は、建仁寺に住んでいた奥田穎川(えいせん)に師事し、穎川の始めた磁器製法を煎茶道具に応用し、中国の染付(そめつけ)、赤絵、青磁、交趾(こうち)焼の技術と様式を受け止めつつ、南蛮焼(東南アジアの焼締陶(やきしめとう))、朝鮮李朝(りちょう)時代の陶磁の作風も加味して、江戸後期らしい多種多彩な焼物を残した。1824年(文政7)58歳のころ、彼の作画や作陶がもっとも円熟した時期に、耳が不自由になり聾米の号を使い始めた。南画では『兎道朝(うじちょうとんず)』『新緑帯雨図』『騰竜山水図』などが有名。天保(てんぽう)4年5月15日没。[矢部良明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の青木木米の言及

【京焼】より

…初期の京焼は,これら仁清の御室焼や古清水,乾山の雅陶などによって特徴づけられ,瀟洒(しようしや)な造形感覚,典雅な絵付や意匠によって最初の黄金期をむかえた。 その後,製陶の中心は東山山麓の清水,五条坂地域へ移り,19世紀初頭の文化・文政期には,奥田穎川青木木米らによって本格的な磁器が焼造され,当時流行の中華趣味,煎茶趣味ともあいまって,中国風な青花(染付)磁器や五彩(色絵)磁器が京焼の主流をなしていった。なかでも穎川による呉須赤絵写しや古染付写しなどは,本格的な京焼における磁器焼造の初期の作例として注目される。…

【九谷焼】より

…しかし,古九谷に関しては,その開始時期をはじめとして,その発展の経緯や廃窯の時期,有田焼との関係など,その窯跡が発掘調査された現時点においても明確な結論が出ていない。一方,江戸後期になって,加賀藩は殖産政策の一つとして窯業を再開し,まず京都から青木木米を招いて金沢卯辰山に藩営の春日山窯を開窯した。木米は2年ほどで帰京し,窯は衰微してしまうが,これを契機として九谷焼諸窯が加賀国におこる。…

【陶説】より

…巻一は清朝の景徳鎮陶磁史,巻二は唐・五代・宋の越州窯,竜泉窯,定窯などの諸窯を,巻三は明代の景徳鎮陶磁史,巻四~六は古代から唐・宋・元・明の陶磁について詳述している。日本では青木木米が1835年(天保6)に翻刻し,欧米でも中国陶磁史の基本文献として研究されている。最近では尾崎洵盛の《陶説注解》が詳細な注を加えている。…

※「青木木米」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

青木木米の関連キーワード奥田穎川・奥田頴川宝山文蔵(11代)坂上重次郎(初代)四方竜文(2代)任田屋徳右衛門宮竹屋喜左衛門錦光山(6代)欽古堂亀祐越中屋兵吉松田平四郎大河内夜江三輪貞信尼真葛長造本多貞吉亀田純蔵岡田久太煎茶道清水焼原呉山急須

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android