任符(読み)ニンプ

大辞林 第三版の解説

にんぷ【任符】

国司の赴任にあたって与えられる太政官符。任地に赴いた際の身分の証明書となるもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

にん‐ぷ【任符】

〘名〙
除目で国司に任官されたときに賜わる太政官符。籤符。任地に携行して身分を証明するものとした。
※三代格‐五・弘仁七年(816)五月一五日「諸国司任苻之例。只録後司前人
② 広く、ある職に新任された者に与えられる任命書。
※高野山文書‐文治五年(1189)閏四月一五日・東寺長者法務御教書「右任符五通遣之、随夾名賦給

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iPhone 11

アメリカのアップル社が2019年9月10日に発表したスマートフォン。日本では9月20日に、標準機種となるiPhone 11と、その上位機種であるiPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android