コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太政官符 だじょうかんぷ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

太政官符
だじょうかんぷ

律令制下,太政官からその直属官司に下す公文書。「だいじょうかんぷ」とも読まれ,略して官符ともいう。文書発行の責任者である弁官 (ふひと) の署名を日付の前に書くのが特徴。おおむね諸国に下す官には内印 (印文「天皇御璽」) を,在京の諸司に下す官符には外印 (印文「太政官印」) を押した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

太政官符【だいじょうかんぷ】

律令時代,太政官から所轄の官司に下す文書。官符とも。詔勅の頒布の場合,多くこれによって各所へ伝えられた。文書作成の責任者である弁官と史の署名が日付の前にあること,諸国に下す場合は内印(ないいん)を押し,在京官司に下す場合は外印(げいん)を押すのが特色。
→関連項目官省符荘荘園(日本)白河関新制曾禰荘高橋氏文天台座主弁官

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

だいじょうかんぷ【太政官符】

太政官が管轄下にある官司に下した文書。略して官符ともいう。公式令で命令下達の文書と規定された符式によって,太政官から八省,大宰府国司等に下すものであった。詔書・勅書の施行,諸司から請求のあった官裁の施行,太政官の行政事務執行等の場合に用いられた。その作成にあたっては太政官の書記官で四等官制では,三,四等官にあたる弁官と史が担当し,本文のあと上段に弁官,下段に史が署名した。本文紙面上には朱印がおされるが,八省など在京諸司あてのものには外印(印文〈太政官印〉)が,地方の大宰府,国司あてのものには内印(印文〈天皇御璽〉)がおされた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

だいじょうかんぷ【太政官符】

律令制で、太政官から管轄下の八省・台・寮・諸国などに下す公文書。官符。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の太政官符の言及

【太政官符】より

…太政官が管轄下にある官司に下した文書。略して官符ともいう。公式令で命令下達の文書と規定された符式によって,太政官から八省,大宰府,国司等に下すものであった。詔書・勅書の施行,諸司から請求のあった官裁の施行,太政官の行政事務執行等の場合に用いられた。その作成にあたっては太政官の書記官で四等官制では,三,四等官にあたる弁官と史が担当し,本文のあと上段に弁官,下段に史が署名した。本文紙面上には朱印がおされるが,八省など在京諸司あてのものには外印(印文〈太政官印〉)が,地方の大宰府,国司あてのものには内印(印文〈天皇御璽〉)がおされた。…

※「太政官符」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

太政官符の関連キーワード検断(撿断)新抄格勅符抄別聚符宣抄格(法令)類聚符宣抄南都六宗立券荘号寧楽遺文貞観格式公家新制延喜格式弁済使水沼村気山津猿女氏律令制輪田荘定額寺覇流村謄勅符

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

太政官符の関連情報