コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

企業主体論 きぎょうしゅたいろんentity theory

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

企業主体論
きぎょうしゅたいろん
entity theory

企業会計は企業を主体とし,企業体の立場から行われるものであるとする見解に基づく会計理論。企業会計は企業の所有主に奉仕するために行われるものとするプロプライエタリー・セオリー (所有主理論) が支配的であった。しかし企業主体論は,近代における企業規模の拡大や企業を取巻く経済的,社会的環境の複雑化により企業会計は所有主やその他多くの利害関係者集団の利害の調整を果すべきだとの理解に立っている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

企業主体論の関連キーワード生産性会計

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android