コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊予道後温泉碑文 いよどうごおんせんひぶん

世界大百科事典 第2版の解説

いよどうごおんせんひぶん【伊予道後温泉碑文】

伊予国(愛媛県)の道後温泉のかたわら,伊佐尓波(いさにわ)の岡にあったという碑の銘文。碑そのものは失われているが,碑文は《伊予国風土記》に載せられていたらしく,その部分を引用した《釈日本紀》《万葉集註釈》などの古書でみることができる。碑文の内容は,建碑のいわれを記した序の部分と,温泉霊験を賛美した中心部の2部から成る。序では,596年10月,聖徳太子が僧恵慈(恵聡の誤りとする説がある)や葛城臣とこの温泉に遊び,その霊験に感じて碑文を作った旨を述べ,中心部では対句的な修辞を駆使して,温泉を浄土や道教的な神仙境の池になぞらえ,その情景をたたえる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

伊予道後温泉碑文の関連キーワード道後[温泉]

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android