古書(読み)イニシエブミ

  • ▽古▽書/▽古▽典
  • いにしえぶみ〔いにしへ〕
  • こしょ

大辞林 第三版の解説

昔の書物。
古本ふるほん。特に、名ざしで買われるような価値ある古本をいう。 -展 -売買

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 昔の書物。古い文書。
※本朝無題詩(1162‐64頃)五・初冬書懐〈大江匡房〉「遙笛一声聞下涙、古書数帙見研心」 〔抱朴子‐鈞世〕
② 古本(ふるほん)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の古書の言及

【古本】より

…一般に古書市場で流通している本の総称。古書業界では便宜的に,新刊書でも入手しうる書物を〈古本〉(英語のsecondhand books),絶版後久しく,価値の高くなった書物を〈古書〉(old books),さらに近世およびそれ以前の貴重書を〈古典籍〉(rare books)と区別している。…

※「古書」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

古書の関連情報