コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

万葉集註釈 まんようしゅうちゅうしゃく

3件 の用語解説(万葉集註釈の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

万葉集註釈
まんようしゅうちゅうしゃく

『仙覚抄』ともいう。仙覚著。 20巻。文永6 (1269) 年完成。仙覚はつとに万葉集研究校訂に没頭,十数本を校訂して1本にし,無点歌などに新点を加え,その集大成としてこれを完成,その後の万葉学に大きい影響を与えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

まんようしゅうちゅうしゃく〔マンエフシフチユウシヤク〕【万葉集註釈】

鎌倉中期の万葉集の注釈書。10巻。仙覚著。文永6年(1269)成立。万葉集の本格的な注釈書として最初のもの。仙覚抄。万葉集抄

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

まんようしゅうちゅうしゃく【万葉集註釈】

万葉集の注釈書。二〇巻一〇冊。仙覚著。1269年成立。万葉集の書名や成立を論じ、各巻の難解歌について詳細な注解を施す。万葉集注釈史上初のすぐれた注釈書として重要。また、散逸した風土記が引用されており、風土記逸文の資料としても貴重。万葉集抄。仙覚抄。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone