コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

万葉集註釈 まんようしゅうちゅうしゃく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

万葉集註釈
まんようしゅうちゅうしゃく

仙覚抄』ともいう。仙覚著。 20巻。文永6 (1269) 年完成。仙覚はつとに万葉集研究校訂に没頭,十数本を校訂して1本にし,無点歌などに新点を加え,その集大成としてこれを完成,その後の万葉学に大きい影響を与えた。このなかには,今日逸書になっているような書物が引用されていて貴重である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

まんようしゅうちゅうしゃく〔マンエフシフチユウシヤク〕【万葉集註釈】

鎌倉中期の万葉集の注釈書。10巻。仙覚著。文永6年(1269)成立。万葉集の本格的な注釈書として最初のもの。仙覚抄。万葉集抄

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まんようしゅうちゅうしゃく【万葉集註釈】

万葉集の注釈書。二〇巻一〇冊。仙覚著。1269年成立。万葉集の書名や成立を論じ、各巻の難解歌について詳細な注解を施す。万葉集注釈史上初のすぐれた注釈書として重要。また、散逸した風土記が引用されており、風土記逸文の資料としても貴重。万葉集抄。仙覚抄。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

万葉集註釈の関連キーワード着襲狩り・競ひ狩り伊予道後温泉碑文逸文風土記万葉代匠記風土記逸文木下幸文玄覚

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

万葉集註釈の関連情報