万葉集註釈(読み)まんようしゅうちゅうしゃく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

万葉集註釈
まんようしゅうちゅうしゃく

仙覚抄』ともいう。仙覚著。 20巻。文永6 (1269) 年完成。仙覚はつとに万葉集研究校訂に没頭,十数本を校訂して1本にし,無点歌などに新点を加え,その集大成としてこれを完成,その後の万葉学に大きい影響を与えた。このなかには,今日逸書になっているような書物が引用されていて貴重である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

まんようしゅうちゅうしゃく〔マンエフシフチユウシヤク〕【万葉集註釈】

鎌倉中期の万葉集の注釈書。10巻。仙覚著。文永6年(1269)成立。万葉集の本格的な注釈書として最初のもの。仙覚抄。万葉集抄

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まんようしゅうちゅうしゃく【万葉集註釈】

万葉集の注釈書。二〇巻一〇冊。仙覚著。1269年成立。万葉集の書名や成立を論じ、各巻の難解歌について詳細な注解を施す。万葉集注釈史上初のすぐれた注釈書として重要。また、散逸した風土記が引用されており、風土記逸文の資料としても貴重。万葉集抄。仙覚抄。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android