コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊佐城 いさじょう

1件 の用語解説(伊佐城の意味・用語解説を検索)

日本の城がわかる事典の解説

いさじょう【伊佐城】

茨城県筑西市(旧下館市)にあった城館。茨城県史跡。940年(天慶3)、平将門の乱の際、藤原秀郷(俵藤太)が将門追討のために築いた上館(元館)・中館・下館の三館のうちの中館であるという伝承や、戦国大名の奥州伊達氏の祖、伊達朝宗(常陸入道念西)が平安時代末期に築城したともいわれるが、築城年代、築城者は不明。記録に伊佐城の名が登場するのは南北朝時代で、南朝方の城主の伊佐氏が伊達行朝を城に迎えて、北畠親房が拠点としていた小田城(つくば市)など南朝方の諸城とともに、北朝方の高師冬(こうのもろふゆ)軍の攻撃を防いだが、1343年(康永2/興国3)、落城した後に廃城となった。現在、中館観音寺のある一帯が伊佐城跡であるといわれている。城の遺構はほとんど残っていないが、同寺の本堂脇に伊佐城址の石碑が建っている。真岡鉄道折本駅から徒歩約15分。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伊佐城の関連キーワード茨城県下館下館藩関城筑西市筑西下館市筑西遊湯館真岡鉄道関彰商事

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone