コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊佐城 いさじょう

日本の城がわかる事典の解説

いさじょう【伊佐城】

茨城県筑西市(旧下館市)にあった城館。茨城県史跡。940年(天慶3)、平将門の乱の際、藤原秀郷(俵藤太)が将門追討のために築いた上館(元館)・中館・下館の三館のうちの中館であるという伝承や、戦国大名の奥州伊達氏の祖、伊達朝宗(常陸入道念西)が平安時代末期に築城したともいわれるが、築城年代、築城者は不明。記録に伊佐城の名が登場するのは南北朝時代で、南朝方の城主の伊佐氏が伊達行朝を城に迎えて、北畠親房が拠点としていた小田城(つくば市)など南朝方の諸城とともに、北朝方の高師冬(こうのもろふゆ)軍の攻撃を防いだが、1343年(康永2/興国3)、落城した後に廃城となった。現在、中館観音寺のある一帯が伊佐城跡であるといわれている。城の遺構はほとんど残っていないが、同寺の本堂脇に伊佐城址の石碑が建っている。真岡鉄道折本駅から徒歩約15分。

出典|講談社日本の城がわかる事典について | 情報

伊佐城の関連キーワード下館[市]

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android