コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

興国 コウコク

デジタル大辞泉の解説

こう‐こく【興国】

国の勢いを盛んにすること。
新しい国家を建てること。建国

こうこく【興国】[年号]

南北朝時代、南朝後村上天皇の時の年号。1340年4月28日~1346年12月8日。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうこく【興国】

国の勢いをさかんにすること。
新しく国をおこすこと。建国。

こうこく【興国】

南朝の年号(1340.4.28~1346.12.8)。延元の後、正平の前。後村上天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

こうこく【興国】

日本の元号(年号)。室町時代(南北朝時代)の1340年から1346年まで、後村上(ごむらかみ)天皇の代の南朝が使用した元号。前元号は延元(えんげん)。次元号は正平(しょうへい)。1340年(延元5)4月28日改元。後村上天皇の即位にともない行われた(代始改元)。『春秋左氏伝(しゅんじゅうさしでん)』を出典とする命名。興国年間の北朝の天皇は光明(こうみょう)天皇。北朝は、「暦応(りゃくおう)」(1338~1342年)、「康永(こうえい)」(1342~1345年)、「貞和(じょうわ)」(1345~1350年)の元号を使用した。室町幕府の将軍は足利尊氏(たかうじ)(初代)。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

興国の関連キーワード月庵〓(“こざとへん”に「光」)瑛BASIC(地球温暖化対策)和歌山県日高郡由良町門前エマージングマーケット福岡県田川郡福智町上野バランスファンド政府系ファンド住乃江 田鶴子大炊御門冬信GANEFO中御門経季蜀版大蔵経夢中問答集神皇正統記二階堂行直春秋左氏伝道祐(2)祝子内親王花山院家定足利尊氏

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

興国の関連情報