コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊作勝久 いさく かつひさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊作勝久 いさく-かつひさ

?-? 室町時代の武士。
伊作久義の子。薩摩(さつま)(鹿児島県)の伊作荘の地頭。はじめ総州家島津氏に属し,のち奥州家島津氏の元久・久豊にしたがう。応永29年(1422)総州家島津守久を攻撃中に,叔父の十忠(じっちゅう)に伊作城をうばわれ他国へのがれた。法名は道恕。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

伊作勝久の関連キーワード室町時代伊作久義

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android