伊作荘(読み)いさくのしょう

百科事典マイペディアの解説

伊作荘【いさくのしょう】

薩摩国伊作郡の荘園。現鹿児島県日置市日吉町一帯。近衛家島津荘の一部をなす。1187年本領主の平重澄が,それまで島津荘の寄郡(よりごおり)であった当地を,島津荘一円荘として寄進しなおしたもの。下司職(げししき)は重澄に留保された。領家職(りょうけしき)は島津荘に同じ。1281年島津久長が伊作地頭職を分与されて入部してから,下司(本領主)・領家と地頭島津氏の対立が激化,1324年伊与倉川(現伊作川)を境に下地中分(したじちゅうぶん)が行われたが,1351年ころまでには領家方も併領した。伊作荘地頭島津氏は,伊作家島津氏または伊作氏といい,戦国時代を経て島津氏嫡流となる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いさくのしょう【伊作荘】

薩摩国伊作郡(現,鹿児島県日置郡)にあった荘園で,薩摩・大隅・日向3国にまたがる島津荘の一部をなす。元来この土地は平姓伊作氏が領有していたが,平安時代末期に摂関家荘園島津荘に収納物の一部を納める寄郡(よせごおり)とされ,ついで1187年(文治3)本領主平重澄は下司職を持ったまま島津荘の一円不輸の荘園として寄進しなおし,さらに承久の乱の前後には本家近衛家から領家職が興福寺一乗院に寄進されたので,伊作荘は本領主・領家・本家によって重層的に領有される典型的な寄進型荘園となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊作荘
いざくのしょう

鹿児島県日置(ひおき)市吹上(ふきあげ)地区にあった鎌倉・南北朝時代の荘園。島津荘薩摩(さつま)方の一構成部分。律令(りつりょう)制下の薩摩国伊作郡の地で、平安末期に島津荘寄郡(よせごおり)(半不輸)となったが、当郡郡司で薩摩平氏一族の平重澄(しげずみ)が1187年(文治3)島津荘一円領(不輸不入)に寄進して成立。島津荘内の一円荘である伊作、の意味で伊作荘と呼称された。本所は近衛(このえ)家、領家(りょうけ)は一乗院(いちじょういん)、下司(げし)は重澄の子孫。1197年(建久8)「薩摩国図田帳(ずでんちょう)」で田地200町。地頭には守護島津氏が任命され、のち久長が伊作島津氏初代となる。鎌倉中期より領家(実際には下司)と地頭の相論が生じ、1324年(正中1)下地中分(したじちゅうぶん)をした。
 しかし1346年(正平1・貞和2)には伊作荘領家職が兵粮料所(ひょうろうりょうしょ)として地頭伊作島津氏に預けられて同氏の私領となり、荘園制上は解体された。[三木 靖]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android