コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊作久義 いさく ひさよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊作久義 いさく-ひさよし

?-1422 南北朝-室町時代の武将。
伊作宗久(むねひさ)の孫。父伊作親忠(ちかただ)の跡をつぎ,応安3=建徳元年(1370)薩摩(さつま)(鹿児島県)伊作荘の地頭となる。本家(奥州家)島津元久の援護のもとに二階堂氏を放逐して勢力を拡大。応永24年元久の弟島津久豊から阿多・日置(ひおき)・南郷などの所領をあたえられた。応永29年1月29日弟伊作十忠(じっちゅう)に殺害されたという。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

伊作久義の関連キーワード二階堂行貞(2)室町時代伊作宗久伊作勝久南北朝

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android