コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊勢形紙

1件 の用語解説(伊勢形紙の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

伊勢形紙

三重県鈴鹿市で生産される染色用の型紙の一種。美濃和紙を柿渋で張り合わせ、彫刻等で図柄を掘ったもの。室町時代にはすでに製造されていたと考えられている。江戸時代には紀州藩の保護・奨励を得て発達。1983年、国の伝統的工芸品に指定。「伊勢型紙」の表記もある。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伊勢形紙の関連キーワード三重県鈴鹿市稲生町三重県鈴鹿市岡田三重県鈴鹿市加佐登三重県鈴鹿市国分町三重県鈴鹿市寺家三重県鈴鹿市白子本町三重県鈴鹿市須賀三重県鈴鹿市平田三重県鈴鹿市広瀬町三重県鈴鹿市弓削

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

伊勢形紙の関連情報