コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

美濃和紙

2件 の用語解説(美濃和紙の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

美濃和紙

岐阜県美濃市を中心に生産される和紙。原料は主にコウゾ。生産の歴史は長く、現存する最古の美濃和紙は702年(大宝2年)のもの。流し漉きの技術による高品質で知られ、工芸紙、保存用紙、障子紙、金箔の間に敷く箔合紙などに用いられる。1985年、国の伝統的工芸品に指定。「美濃紙」とも。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本文化いろは事典の解説

美濃和紙

産地:岐阜 薄くて丈夫で、漉きムラがなく、タイプライター岐阜提灯に使われる典具帖紙〔てんぐじょうし〕(※1)、蛇の目傘やビニールハウス用の温床紙〔おんしょ うし〕(※2)など、日常的に使用するものから伝統産業に使われるものまで多彩な用途があり、陶磁器の「瀬戸物」のように、和紙の代名詞のごとく扱われる 日本屈指の紙です。

出典|シナジーマーティング(株)
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

美濃和紙の関連キーワードチキムラ心悲しい木村強健堅甲大丈夫無くもがな羽布漉きかきのきむら

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

美濃和紙の関連情報