コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紀州藩 きしゅうはん

藩名・旧国名がわかる事典の解説

きしゅうはん【紀州藩】

紀伊藩(きいはん)

出典|講談社藩名・旧国名がわかる事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きしゅうはん【紀州藩】

紀伊国(和歌山県)名草郡和歌山に藩庁を置いた親藩。紀伊藩ともいい,1868年(明治1)からは公式に和歌山藩と称した。親藩となる前は1600年(慶長5)に浅野幸長(よしなが)が37万6500石で入国し,19年(元和5)弟の浅野長晟(ながあきら)が安芸国に転封するまで浅野氏の支配下にあった。同年に徳川家康の子で,駿府城で50万石を領有していた徳川頼宣が伊勢・大和の一部を合わせ55万5000石で入国して以来,三家として重きをなした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

紀州藩
きしゅうはん

和歌山藩」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

紀州藩
きしゅうはん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の紀州藩の言及

【徳川頼宣】より

…生母は養珠院(お万の方),妻は加藤清正の娘瑶林院。家康から水戸ついで駿河,遠江等を与えられ,1619年(元和5)紀州藩主となり,55万5000石を領した。権大納言。…

【和歌山[市]】より

…このころの城下町は城の東部,和歌川沿いで,広瀬通町,細工町,三木町堀詰であったという。1600年(慶長5)関ヶ原の戦に功のあった浅野幸長(よしなが)が入国し,ここに紀州藩が成立した。和歌山城はしだいに整備され,少なくとも06年以前に天守閣ができていた。…

※「紀州藩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

紀州藩の関連キーワード陸奥宗光(むつむねみつ)(1844〜97年)いろは丸事件紀伊続風土記岸和田[市]香良洲[町]鷲尾 隆聚荷田蒼生子三雲[町]宮川[村]松阪[市]化粧まわし仁井田好古御浜[町]海南[市]古座[町]河芸[町]熊野[市]小中村清矩尾鷲[市]紀州漆器

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

紀州藩の関連情報