コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊勢貞春 いせ さだはる

2件 の用語解説(伊勢貞春の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊勢貞春 いせ-さだはる

1760-1813* 江戸時代中期-後期の武士,有職(ゆうそく)家。
宝暦10年8月9日生まれ。伊勢貞丈の孫。幕臣。天明4年家督をつぎ,寛政元年小姓組にはいる。8年幕命で「武器図説」を編集。家伝の故実の継承,貞丈の著作の刊行につとめた。門人に屋代弘賢(やしろ-ひろかた)ら。文化9年12月24日死去。53歳。江戸出身。通称は万助。号は財翁。著作はほかに「笠懸聞書(かさがけききがき)」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

伊勢貞春

没年:文化9.12.24(1813.1.26)
生年:宝暦10(1760)
江戸後期の有職故実家。通称,万助。財翁と号す。父貞敦は貞丈の養子,母が貞丈の娘。江戸の生まれ。父が病身のため惣領を辞し,明和5(1768)年貞春が嫡孫承祖として家督相続人となる。諸書に貞春を貞丈の子とするのはそのためである。天明4(1784)年,貞丈の死去により食禄300石を継ぎ,寛政1(1789)年御小姓組御番勤となる。家学を継承し,門人の求めに応じて貞丈の著書を刊行した。同8年幕命を受けて『武器図説』を編集する。ほかに『室町殿屋形私考』などの著がある。国学者屋代弘賢はその門人。

(白石良夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

伊勢貞春の関連キーワードペグマタイト山県周南前古典派音楽伊勢貞春ラッシュゴヤ(年譜)ドゥーフCOE十勝川西長いもすみだ北斎美術館

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone