伊村鴎沙(読み)いむら おうしゃ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊村鴎沙 いむら-おうしゃ

1724-1796 江戸時代中期の俳人。
享保(きょうほう)9年生まれ。尾張(おわり)名古屋の人。武藤巴雀(はじゃく)・白尼(はくに)父子にまなぶ。書家としても知られた。寛政8年8月16日死去。73歳。別姓に長谷川。別号一筆坊,逸筆坊,巴竜舎,過去庵,墨狂など。著作に「花雲集」「過去種」,編著に「秋錦現世艸(あきのにしきうつしょぐさ)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android