コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊東俊夫 いとう としお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊東俊夫 いとう-としお

1904-1991 昭和時代の解剖学者。
明治37年8月5日生まれ。慶大助教授をへて,昭和16年東京女子医専教授。のち前橋医大,群馬大,帝京大の教授をつとめる。25年脂肪をたくわえたりビタミンA代謝をおこなう細胞をヒトの肝臓から発見。この細胞は「伊東細胞」とよばれる。54年学士院賞。平成3年7月6日死去。86歳。愛知県出身。慶大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

伊東俊夫の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android