伊東俊夫(読み)いとう としお

  • 伊東俊夫 いとう-としお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1904-1991 昭和時代の解剖学者。
明治37年8月5日生まれ。慶大助教授をへて,昭和16年東京女子医専教授。のち前橋医大,群馬大,帝京大の教授をつとめる。25年脂肪をたくわえたりビタミンA代謝をおこなう細胞ヒト肝臓から発見。この細胞は「伊東細胞」とよばれる。54年学士院賞。平成3年7月6日死去。86歳。愛知県出身。慶大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android