コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊東潤 いとう じゅん

1件 の用語解説(伊東潤の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊東潤 いとう-じゅん

1960- 平成時代の歴史小説家。
昭和35年6月24日生まれ。日本IBMや外資系企業に勤務後コンサルタントとして独立。平成15年「戦国関東血風録 北条氏照修羅往道」で作家デビュー。25年「国を蹴った男」で吉川英治文学新人賞,「巨鯨の海」で山田風太郎賞。26年「峠越え」で中山義秀文学賞。神奈川県出身。早大卒。著作はほかに「黒南風の海」「義烈千秋 天狗党西へ」「城を噛ませた男」「王になろうとした男」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

伊東潤の関連キーワード赤瀬川隼早乙女貢佐藤賢一白石一文杉本苑子津本陽古川薫邦光史郎滝口康彦広瀬仁紀

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

伊東潤の関連情報