コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北条氏照

6件 の用語解説(北条氏照の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

北条氏照

武将。八王子城主。氏康の第二子。初め氏照・氏明、(大石定久の義子)。由井源三と称し美濃守と更む、後陸奥守に改む。天正18年(1590)歿、51才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北条氏照 ほうじょう-うじてる

1540?-1590 戦国-織豊時代の武将。
天文9年?生まれ。北条氏康(うじやす)の子。武蔵(むさし)滝山城(東京都)城主。のち八王子城をきずき北条氏の関東経営に活躍した。天正(てんしょう)18年豊臣秀吉に小田原城を包囲され降伏。7月11日,秀吉の命で兄北条氏政とともに切腹。51歳?通称は源三。
【格言など】天地(あめつち)の清きなかより生れきて旧(もと)の住家(すみか)に還(かへ)るべら也(辞世)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

北条氏照

没年:天正18.7.11(1590.8.10)
生年:天文9?(1540)
戦国・安土桃山時代の武将。武蔵滝山(のち八王子)城主。氏康と今川氏親の娘(瑞渓院)の子。通称源三。陸奥守。天文年間(1532~55)末ごろ滝山城主大石定久の跡を継ぎ,永禄2(1559)年ごろ同城に入った。同11年には下総栗橋城を接収して反北条勢力に対抗。翌年,相越(相模,越後)同盟結成の際の交渉に活躍し,天正7(1579)年以降は織田信長と接触するなど,外交にも手腕を発揮した。同10年に信長が没したのちは弟氏邦と共に上野,信濃へ侵攻。同15年ごろ八王子城に移る。同18年の小田原の陣では小田原城に籠城して戦うが,降伏後,豊臣秀吉から切腹を命じられ自刃した。兄弟中で最もタカ派の武将。<参考文献>下山治久編『北条氏照文書集』

(佐脇栄智)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ほうじょううじてる【北条氏照】

?‐1590(天正18)
安土桃山時代の武将。武蔵滝山城主,のち同国八王子城主,下総栗橋城主。陸奥守。氏康の二男。関東管領上杉氏の重臣であった大石定久の養子となる。兄氏政,その子氏直を補佐して各地に転戦,特に北関東進出に活躍。1590年秀吉の小田原征伐に際し小田原城に詰める。八王子城は家臣に守らせたが,6月八王子城陥落。7月小田原城も開城し,同月11日兄氏政とともに自殺。【下村 信博】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北条氏照
ほうじょううじてる

[生]?
[没]天正18(1590).7.11. 小田原
戦国時代の武将。氏康の子。通称源三。陸奥守。法号は青霄院透岳宗関。武蔵八王子城主として兄氏政の領国支配を助け,下野榎本城,同小山城,下総古河城,同栗橋城をも併有した。天正2 (1574) 年上野厩橋城,下総関宿城を攻略し,同8年3月には近江安土に使者をつかわして織田信長と接近しようとした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北条氏照
ほうじょううじてる
(?―1590)

1541年(天文10)ごろ、戦国大名北条氏康(うじやす)の三男として誕生。母今川氏親(いまがわうじちか)娘。通称源三(げんぞう)。受領名陸奥守。1546年氏康が関東管領上杉憲政(うえすぎのりまさ)らを破り、氏照は降伏した憲政の宿老武蔵国滝山(たきやま)城主の大石道俊(おおいしどうしゅん)のもとに養子に入り、当初大石姓を名乗る。その後1561年(永禄4)ごろ滝山城主となり、北条氏の支城主として軍事的能力を発揮する。1564年の下総国国府台(こうのだい)合戦のあと北関東方面に進出して、1568年には同国栗橋(くりはし)城主を兼ね複合的支城主となり、北条氏の領国支配に重きをなす。とくに古河公方(こがくぼう)足利氏への対応や伊達氏、徳川氏、織田氏など諸大名との外交に尽力した。1582年(天正10)過ぎごろには武蔵国八王子城を大改修して滝山城から移り、その後の豊臣秀吉による北条氏攻めに対抗する。結局、1590年の小田原合戦の敗北により、兄氏政とともに自刃した。現在、印文「如意成就(にょいじょうじゅ)」(1度改刻)と印文未詳印との2種の朱印状を始め書状、判物(もつ)など270通余の発給文書を残している。[有光友學]
『佐藤博信著「北条氏照に関する考察」(『古河公方足利氏の研究』所収・1989・校倉書房) ▽下山治久著『八王子城主・北条氏照』(1994・たましん地域文化財団)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北条氏照の関連キーワード池田秀雄文閑細川玄旨牧興相山岡如軒安土桃山時代塙団右衛門横目付伊勢・安土桃山文化村内ケ島氏理

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

北条氏照の関連情報