コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊東鼇岳 いとう ごうがく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊東鼇岳 いとう-ごうがく

?-? 江戸時代中期-後期の儒者。
伊東藍田(らんでん)の長男。天明-寛政(1781-1801)ごろの人。父に徂徠(そらい)学をまなび,その跡をつぎ豊後(ぶんご)(大分県)日出(ひじ)藩の儒官となる。詩にすぐれた。名は惟肖。字(あざな)は良弼。通称は良之助。著作に「近体両韻徴」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

伊東鼇岳の関連キーワード伊東藍田儒者

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android