伊藤 武夫(読み)イトウ タケオ

20世紀日本人名事典の解説

伊藤 武夫
イトウ タケオ

大正・昭和期の砂防工学者 新潟大学名誉教授。



生年
明治20(1887)年3月

没年
昭和43(1968)年3月4日

出生地
新潟県

学歴〔年〕
東京帝大農科大学林学科〔大正2年〕卒

学位〔年〕
林学博士〔大正9年〕

主な受賞名〔年〕
新潟県技術賞

経歴
東大講師、三重高等農林学校教授を経て昭和14年東大教授。その後新潟県農業専門学校長となり、24年新潟大学農学部長。34年退官、名誉教授。砂防工学、特に海岸砂防の権威で、新潟県の海岸砂防事業推進に貢献、新潟県技術賞を受けた。著書に「砂防」「砂防工学」「黄河の治水」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android