コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海岸砂防 かいがんさぼうcoastal sand control

世界大百科事典 第2版の解説

かいがんさぼう【海岸砂防 coastal sand control】

海岸の荒廃した砂地に,土木工事や樹木の植栽をおこなって防災林を造成し,飛砂潮風などの被害を防ぐこと。土木工事だけで目的を達成できる場合もあるが,一般には,経費の節約や森林の多面的利用を考え,土木工事と樹木の植栽の組合せで砂防の目的を達成しようと計画する。砂防工事で造成された防災林は保安林に編入されるが,海岸砂防で造成される防災林には飛砂を防ぐための飛砂防備林と潮風や津波の害を防止する潮害防備林がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

海岸砂防の関連キーワード秋田県能代市後谷地オキナワハイネズ佐々木 甚蔵伊藤 武夫佐々木甚蔵伊藤武夫ハイネズ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

海岸砂防の関連情報