コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊藤吉之助 いとう きちのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊藤吉之助 いとう-きちのすけ

1885-1961 大正-昭和時代の哲学者。
明治18年1月4日生まれ。大正9年ドイツに留学。12年母校東京帝大の講師となり,昭和5年教授。最新のドイツ哲学を講義する。22年北海道帝大法文学部長,のち中央大教授。「岩波哲学小辞典」の編者として知られる。昭和36年7月7日死去。76歳。山形県出身。旧姓須田

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

伊藤吉之助の関連キーワード昭和時代哲学者

今日のキーワード

はしか(麻疹)

◎生後7か月以後、注意する [どんな病気か]  麻疹ウイルスが感染し、発熱、せき、目の充血、全身の発疹などがおこる病気です。  子どもならだれでもかかる軽い病気と考えがちですが、体力を消耗する重い病気...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android