コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊藤彦造 いとう ひこぞう

1件 の用語解説(伊藤彦造の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊藤彦造 いとう-ひこぞう

1904-2004 大正-昭和時代の挿絵画家。
明治37年2月17日生まれ。橋本関雪に日本画をまなぶ。大正14年「大阪朝日新聞」掲載の番匠谷英一「黎明」の挿絵でデビューし,同年の行友(ゆきとも)李風「修羅八荒」の挿絵で注目される。リアルなペン画により「少年倶楽部(クラブ)」「キング」などで活躍。平成16年9月9日死去。100歳。大分県出身。代表作に高垣眸(ひとみ)「豹(ジヤガー)の眼」,画集に「伊藤彦造画集」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

伊藤彦造の関連キーワード山口草平苅谷深隍斎藤五百枝志村立美鈴木御水寺本忠雄富永謙太郎福島鉄次松野一夫嶺田弘

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone