コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊藤彦造 いとう ひこぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊藤彦造 いとう-ひこぞう

1904-2004 大正-昭和時代の挿絵画家。
明治37年2月17日生まれ。橋本関雪に日本画をまなぶ。大正14年「大阪朝日新聞」掲載の番匠谷英一「黎明」の挿絵でデビューし,同年の行友(ゆきとも)李風「修羅八荒」の挿絵で注目される。リアルなペン画により「少年倶楽部(クラブ)」「キング」などで活躍。平成16年9月9日死去。100歳。大分県出身。代表作に高垣眸(ひとみ)「豹(ジヤガー)の眼」,画集に「伊藤彦造画集」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

伊藤彦造の関連キーワード日露戦争史(年表)[各個指定]工芸技術部門日露戦争ロシア革命ICタグスマトラ島沖地震・津波イメルダ スタウントンバリー ボンズ[各個指定]芸能部門小泉純一郎内閣

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android