伊藤松雄(読み)いとう まつお

  • 伊藤松雄 いとう-まつお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1895-1947 大正-昭和時代の劇作家,演出家。
明治28年1月13日生まれ。大正2年有楽座にはいり,作者兼演出家。のち新文芸協会,舞台協会で新劇を演出。15年郷里の長野県上諏訪で郷土劇運動「村の劇場・町の劇場」をおこす。のち新民謡を創作した。昭和22年8月5日死去。53歳。早大卒。戯曲集に「危急」,シナリオ集に「忘れな草」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android